外国人が就職を探す場合

busines.jpg

外国人が日本での就職を希望することは、決して珍しいことではありません。最近特に多いのは、日本に来た留学生がそのまま日本での就職先を見つけるケース。学生ビザを出してもらい、留学生として来日する外国人は少なくありません。学生ビザの目的は勉強をすることであり、日本語や日本に関する専門的なことを学習していきます。いつまでがビザの有効期限かは発行時に決まっているため、期限が切れる前に帰らなければなりません。卒業しても、帰国をもう少し伸ばして日本に残りたいという人もいます。ビザが切れる前に日本で就職活動を行い就職先を見つける必要があります。

最近はインターネットを利用することで、外国人であっても、かなり積極的に就職活動を行うことも可能になりました。外国人の求人を専門的に扱うような人材紹介会社もあります。ただし、外国人を採用したいという求人でも日本語で書かれていることもありす、言葉の問題は残っています。普段は日本語だけで仕事をしているという企業は未だ多くあります。就職先を日本に求めるのであれば、外国人であっても日常生活に支障がない程度の日本語力が必要です。