2013年5月アーカイブ

就職面接の基本マナー

syuusyoku480.jpg

面接はほとんどの就職試験にありますが、面接で守るべきマナーにはどういったものがあるでしょう。企業に面接に行くに当たっては、最低限のマナーは必ず知っておく必要があります。どれだけいい大学を出ている人でも、マナーがよくなければ評価はどん底です。

目的地には10分前に着くように移動します。やむをえない事情で面接会場に遅れて着きそうな場合は、できるだけ早い段階で連絡をします。遅くなることそのものより、遅くなるようなことが起きた時でもきちんと対応ができるかどうかが大事です。

目的地に着いたら、受付で来訪目的を伝えます。挨拶は元気よく声を出しましょう。はきはきとした挨拶は好印象です。面接会場の入り口にドアがあるときに自分で開ける場合にはノックして失礼しますと声をかけます。待機中などの時に、社内の人と顔を合わせるような機会があるなら、軽く挨拶をしましょう。

自分の番を待っている時は、携帯電話の電源は切っておきます。集中して、静かに待ちましょう。待ち時間だからと、メールチェックなどをすることはいいことではありません。面接を受ける際には、ドアがあればノックをし、どうぞと言われてから入室します。きれいな姿勢と歩き方を心がけて面接官の前まで行き、名前を言います。椅子にかけるのは、面接官にそうするように言われてからです。

礼儀正しいことばづかいと落ちついて面接官の目を見て会話するように心がけましょう。面接が終了したらお礼を言い挨拶をしてから退出します。面接中の振る舞いがどうかは就職面接のポイントになる重要なものです。就職面接のマナーは何度も練習してしっかりと身に付けておきましょう。

就職活動で内定を勝ち取る面接

面接は、就職活動では必須となる関門ともいえるでしょう。面接の結果いかんで、内定が取れるといっても言いすぎではないほどです。就職活動をうまくやり遂げるために必須の面接対策とばどのようなことでしょう。

新卒採用でも、ビジネスに関する力がある学生を探す傾向が企業にはあります。就職を希望する学生にビジネスで要求される能力や素質があるかが問われるようになってきているのです。これから就職活動を行う学生はどのよう能力を企業が求めているのか把握しておく必要があります。就職活動の最初の関門になるエントリーシートでも、ビジネススキルが必要です。きちんと回答ができるように準備をすることが大事です。

入社を希望する企業の研究をしっかりしているか、自分の人生、自分の仕事についてきちんと考えているかなどが、採用面接の場で聞かれることが多いと言われています。自己分析や企業研究を十分に行い、自分なりの意見を固めておくことが、就職の面接では不可欠なことといえるでしょう。きちんとした考えをもっていなければ、いくら人柄や学歴が優れていても就職活動において成功することはできません。就職の面接に臨むまえに自分自身の考えや意見をまとめておくことで、面接時にあわてずにすむでしょう。

就職内定者の取り消し

解雇だと、就職前の段階で内定を取り消すことはいえるのでしょうか。現在の法判断では解雇には該当しないと、いくつかの考え方はありますがいわれているようです。賃金の支払いを企業に雇用され受けている者が、労働者の中で労働基準法が適用される人です。考えられているのは、労働基準法が適用されないのは、内定期間は賃金の支払いがないからということです。

労働契約法では内定取り消しの権利を会社側は濫用してはならないとされています。就職内定が決まった人への内定取り消し理由が、景気の動向による経営の悪化である場合は、会社側の権利の濫用が著しいと判断される場合があります。場合によっては、債務不履行による損害賠償責任を負うこともあるそうです。就職内定が取り消されることは他企業への就職活動の機会を奪われたことに、学生側としてはなるでしょう。かなり学生側にとっては損害だといえるでしょう。

はっきりとした法規によるルールが内定取り消しは、結局のところ定められているのではないのです。解決するためには、納得のいく会社側と就職内定をもらった人との結論が不可欠だといえるでしょう。客観的に合理的な理由があれば、内定取り消しは認められます。就職内定取り消しの合理的な理由には、仕事を開始する日までに学生が卒業できなかった場合や、提出書類に虚偽があった場合刑事事件で訴追された場合などがあります。

就職の内定を辞退する場合

内定をもらったけれど辞退を考えているケースはさほど珍しい話ではないのが、就職活動というものです。ある意味で内定を獲得するより難しいことかもしれないのが、内定を辞退することです。当然のことながら1度は得た内定を手放すのですから、考えてしまうでしょう。会社の中に完全に自分の希望に沿ったものがあることは、ほとんどないのです。内定を出した会社に完璧を求めず、何が魅力的な点であり、何が就職したくない理由となっているか、はっきり考えてみましょう。両者に優先順位をつけます。何を重視したいかで、何を求めるかを決めるわけです。

無意味に連絡を引き延ばさないことが、もしも就職の内定を辞退するなら大事なことです。相手にかける迷惑が小さく済みます1分1秒でも早いほうが良いでしょう。電話が早く連絡するためには基本だといえます。スッキリと就職活動を終了させるためにも、辞退をするなら速やかに行動したほうが、内定辞退の連絡は勇気がいることかもしれませんが自分のためになるでしょう。

言いづらいかもしれませんが、伝言では確実性が落ちますので、内定辞退の意向は担当者に直接伝えることが重要です。内定をもらっていることを伝えながら、フルネームと大学名を名乗り、担当者の在席を確認してください。就職の内定を辞退する際、電話の時間はあまり営業時間ぎりぎりにならないように配慮しましょう。

就職活動の内定とは

正式決定の手続きこそしていないものの実質的には採用が決まっている状況を指すのが、就職活動の内定というものです。就職活動での内定とは労働契約の一種で、就職活動時の用語としてよく使われる言葉だそうです。労働契約が正式に成立している状態となり、呼び方は始期付解約権留保付労働契約というものです。

内定のうち新卒者の就職活動におけるものとは在学中に締結される労働契約で、卒業後を基本的には始期とするものだそうです。企業間の取り決めで、新卒者を対象とした内定は10月1日から出してもいいことになっています。法律で決まっていることではなく、絶対的な決まりでもありません。内定の前に、内々定を出す企業もあるといいます。本当にその会社に就職していいのか悩むことも、就職活動がうまくいって早期に内定を取った場合にはあるでしょう。

様々な内定辞退をして本命への就職活動に取り組むべきかなどの悩みが生まれるでしょう。入社予定日の2週間前までであれば学生側の場合は辞退ができるようで、解約権が内定に関しては労使の双方にあるものです。マナーとしては、相手に迷惑をかけないためにも、早めに辞退をするならすることが大切です。内定を辞退されるのは、会社側にとっても痛手です。中には就職活動をこれ以上しないことを内定の条件にする会社もあるそうです。