就職活動の内定とは

正式決定の手続きこそしていないものの実質的には採用が決まっている状況を指すのが、就職活動の内定というものです。就職活動での内定とは労働契約の一種で、就職活動時の用語としてよく使われる言葉だそうです。労働契約が正式に成立している状態となり、呼び方は始期付解約権留保付労働契約というものです。

内定のうち新卒者の就職活動におけるものとは在学中に締結される労働契約で、卒業後を基本的には始期とするものだそうです。企業間の取り決めで、新卒者を対象とした内定は10月1日から出してもいいことになっています。法律で決まっていることではなく、絶対的な決まりでもありません。内定の前に、内々定を出す企業もあるといいます。本当にその会社に就職していいのか悩むことも、就職活動がうまくいって早期に内定を取った場合にはあるでしょう。

様々な内定辞退をして本命への就職活動に取り組むべきかなどの悩みが生まれるでしょう。入社予定日の2週間前までであれば学生側の場合は辞退ができるようで、解約権が内定に関しては労使の双方にあるものです。マナーとしては、相手に迷惑をかけないためにも、早めに辞退をするならすることが大切です。内定を辞退されるのは、会社側にとっても痛手です。中には就職活動をこれ以上しないことを内定の条件にする会社もあるそうです。