就職面接の基本マナー

syuusyoku480.jpg

面接はほとんどの就職試験にありますが、面接で守るべきマナーにはどういったものがあるでしょう。企業に面接に行くに当たっては、最低限のマナーは必ず知っておく必要があります。どれだけいい大学を出ている人でも、マナーがよくなければ評価はどん底です。

目的地には10分前に着くように移動します。やむをえない事情で面接会場に遅れて着きそうな場合は、できるだけ早い段階で連絡をします。遅くなることそのものより、遅くなるようなことが起きた時でもきちんと対応ができるかどうかが大事です。

目的地に着いたら、受付で来訪目的を伝えます。挨拶は元気よく声を出しましょう。はきはきとした挨拶は好印象です。面接会場の入り口にドアがあるときに自分で開ける場合にはノックして失礼しますと声をかけます。待機中などの時に、社内の人と顔を合わせるような機会があるなら、軽く挨拶をしましょう。

自分の番を待っている時は、携帯電話の電源は切っておきます。集中して、静かに待ちましょう。待ち時間だからと、メールチェックなどをすることはいいことではありません。面接を受ける際には、ドアがあればノックをし、どうぞと言われてから入室します。きれいな姿勢と歩き方を心がけて面接官の前まで行き、名前を言います。椅子にかけるのは、面接官にそうするように言われてからです。

礼儀正しいことばづかいと落ちついて面接官の目を見て会話するように心がけましょう。面接が終了したらお礼を言い挨拶をしてから退出します。面接中の振る舞いがどうかは就職面接のポイントになる重要なものです。就職面接のマナーは何度も練習してしっかりと身に付けておきましょう。